キャスト

宅間孝行
宅間 孝行Takuma Takayuki

1970年7月17日 東京都出身。97年、劇団「東京セレソン」を旗揚げ。01年「東京セレソンデラックス」と改名するのを機に、主宰・作・演出・主演として活動。2012年12月に劇団を解散。2013年「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」を立ち上げる。

テレビドラマ『魁!セレソンDX』、NHK連続テレビ小説『つばさ』、『鉄の骨』、『四十九日のレシピ』、 『新選組血風録』、 『都市伝説の女』などに出演する一方、脚本・演出家:サタケミキオとしても活動(現在、宅間孝行に統一)。他に脚本は『花より男子シリーズ』、『魁!セレソンDX』、劇団の舞台をドラマ化しギャラクシー賞マイベストTV賞グランプリを受賞した『歌姫』、『スマイル』、『君たちに明日はない』などを手掛けた。映画脚本では『ワースト☆コンタクト』、『ヒートアイランド』、『愛と誠』など。『同窓会』では初監督・脚本・主演を務めた。
2013年には、NHK「ラスト・ディナー」第4話True Heart』脚本・出演、『鬼女』(CX)出演、NHK BSプレミアム『「あなたに似た誰か」第3話車窓の向こうの人生』主演を務める。また、劇団の舞台作品が4月クール『間違われちゃった男(原題:ぴえろ)』(CX)脚本・監督や映画『くちづけ』(監督:堤幸彦)脚本・出演で映像化された。現在、小説『くちづけ』(幻冬舎)より刊行中。

田畑智子
田畑 智子Tabata Tomoko
京都府出身。1993年映画『お引越し』でデビュー、その年の新人賞を総ナメにする。また2004年『血と骨』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞、『隠し剣 鬼の爪』では、毎日映画コンクール助演女優賞を受賞。2012年『ふがない僕は空を見た』では、第67回毎日映画コンクール女優主演賞、第27回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞。
舞台では『ニンゲン御破算』(松尾スズキ演出)『夜叉ヶ池』(三池崇史演出)『奇跡の人』(鈴木裕美演出)『羊と兵隊』(岩松了演出)『田畑智子のひとり芝居『バッタモン』(中津留章仁演出)『頭痛肩こり樋口一葉』(齋藤雅文演出)『この雨ふりやむとき』(鈴木裕美演出)など 。宅間孝行の作品への出演は東京セレソンデラックスの『わらいのまち』に続き二作目。
市川由衣
市川 由衣Ichikawa Yui
1986年2月10日生まれ。東京都出身。14歳の時に原宿でスカウトされ、2001年7月『渋谷系女子プロレス』でドラマデビュー。2002年『役者修行』に出演し初舞台。2003年8月に『呪怨』でスクリーンデビュー。次作『呪怨2』にも出演し、物語を繋ぐキーパーソンになる。
2006年『サイレン~FORBIDDEN SIREN~』で映画初主演。『NANA2』では、ハチ役を演じる。2010年『桂ちづる診察日録』で連続ドラマ初主演。また、時代劇もこれが初挑戦である。
ドラマ「桂ちづる診察日録」(’10)、「マッスルガール」(’11)、「ラスト・シンデレラ」(’13)映画「NANA2」(’06) 、「音符と昆布」(’08)、「初夜と蓮根」(’13)
我善導
我 善導Ware Zendou
18歳の時、役者を目指して愛知県岡崎市より上京。舞台芸術学院卒業後、2005年WAHAHA本舗に所属。現在、役者として舞台を中心に活動しており、WAHAHA本舗本公演出演はもちろん、年間数多くの客演舞台に立つなど、舞台経験値は高く、ポテンシャルは高い。ポテンシャルの高さから、演じる役の幅は広く、またその役にどっぷりはまり込む役作りはストイックである。
さらに、演技同様、ダンスと歌にも定評はあり、日生劇場「ZORRO・THE・MUSICAL」(ガルシア軍曹役)では存在感ある歌と演技で好演。
近年では映画、CM、ドラマへの出演も増えつつあり、今後の活躍に期待が高まる俳優の一人である。宅間孝行の作品への出演は東京セレソンデラックス番外公演「ガッツ ザ セレソン」に続き二作目。
一條俊
一條 俊Ichijou Satoshi
1979年5月8日生まれ。東京都出身。
高校時代、「筋肉番付」のナインフープスに一般出演して、現在所属しているSony Music Artistsにスカウトされる。
98年TBSフレッシュドラマシリーズ2「私ってヘン?!」でデビュー。
その後、CX系「ナオミ」、テレビ朝日系「R-17」「仮面ライダー龍騎」、木曜ミステリー「おみやさん」シリーズレギュラー、映画「LOVE SONG」、「HIRAKATA」等出演。ドラマ以外にも「ウルルン滞在記」「絶景・世界自然~7ワンダーズ~」等出演。
舞台では「傷-KIZU-」(主演)、「ガッツ ザ セレソン」東京セレソンデラックスの番外公演に出演。TVドラマ、映画、舞台などで活躍中。
上野なつひ
上野 なつひUeno Natsuhi
1985年7月13日生まれ。東京都出身。特技:韓国語、陸上競技、フラダンス、書道。
2001年『R-17』でデビュー、『STAND UP』『僕の生きる道』などドラマ出演を中心に映画・舞台など活躍の場を広げる。
映画:2011年『怪物くん』(監督:中村義洋)、2012年『ライアーゲーム‐再生‐』(監督:松山博昭)、2013年『インターミッション』(監督:樋口尚文)。
ドラマ:2011年『名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』(NTV)、2012年『赤い糸の女』(東海テレビ)、2013年『LAST HOPE』(CX)、2013年『白衣のなみだ 第二 慈命』(東海テレビ)、2013年『天使はモップを持って』(BSプレミアム)などに出演。
Stefanie
Stefanieステファニー
1988年8月5日オランダ出身。2007年、初来日2008年と2011年には留学生として勉学に励み、
2012年から本格的に芸能活動を開始。
生まれ育ったオランダから一人、芸能活動のために日本へ移り住んだ。
どれだけアピールが強烈なのかと思いきや、控えめで落ち着いた性格で、いつも照れたような微笑みを湛えている。そのズバ抜けた日本語力は、ひとえに彼女の努力の賜物でもある。
最近では指名の仕事も増え、新たなフィールドである≪歌≫にもかなり力を注いでいる。オランダから来たプリンセス、活躍の場を日々拡大中!!!
「Melrose Claire」「アルバ・ローザ」カタログモデル。リュ・シウォン「願い星」ミュージックビデオ、「サントリーCCレモン」TVCMなどに出演。今作品が初舞台となる。
稲葉友
稲葉 友Inaba Yuu
1993年1月12日生まれ。神奈川県出身。
2009年ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、デビュー。
ドラマ「クローンベイビー」(10′ TBS)、映画「行け!男子高校演劇部」(10′ ショウゲート)などに出演。舞台「真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~」(11′ 銀河劇場)では、舞台初主演を務めた。その後、ドラマ「クローバー」(12′ TX)、舞台「露出狂」(12′ パルコ劇場)、舞台「飛龍伝」(12′ 本多劇場)、映画「モンスター」(13′ 東映)など、ドラマ、映画、舞台で活動中。
「smart」「Ollie」「Samurai magazine」など、ストリート系男性ファッション誌にも、多数出演している。
宮本剛徳
宮本 剛徳Miyamoto Takanori
19歳。
小学校の時からドラマや映画を観て俳優に憧れながら、高校時代から芸能コースを専攻。その後、高校卒業してすぐに福岡から上京し、現在は恵比寿にあるワタナベエンターテイメントカレッジで日々役者として将来必要なレッスンを重ねている。
昔からよく「のび太君やマンガキャラに似ている」と言われ続けて来たこの顔も、今この世界では、誰にも負けない個性として評価を受けており、今後もマイペースなキャラクターを生かし、憧れ続けて来た映画、舞台で活躍する俳優を目指します。
今作品が初舞台となる。
柴田理恵
柴田 理恵Shibata Rie
女優。東京ヴォードヴィルショーを経て、久本雅美等と劇団WAHAHA本舗を創立。少々過激ではあるが、ひたすら楽しい観客参加型ステージで人気を博す。公演活動と並行して、テレビ・ラジオ・映画等でも幅広く活躍中。番組ロケ中に街頭で拾った三本足の愛犬 晴太郎との生活を綴ったコラム本や、大好きな昆布料理のレシピ本等、近年は多数著作本も刊行。
今春、WAHAHA本舗全体公演[ワハハの力]赤坂アクトシアターを皮切りに、全国ツアーも決定!創立時から変わらないパワーあふれる舞台で全国に笑いをふりまく。公式ブログ「柴田理恵の人生劇場」では、不定期更新で日常を気ままに綴っており好評を博している。
宅間孝行の作品への出演は東京セレソンデラックスの『わらいのまち』に続き二作目。
中村梅雀
中村 梅雀Nakamura Baijaku
東京都出身。祖父は劇団前進座の創立者の一人、三世中村翫右衛門、 父は四世中村梅之助。 1965年に新橋演舞場『勧進帳』太刀持ちで中村まなぶを名乗り初舞台。1980年に前進座入座。同年、歌舞伎座公演で二代目中村梅雀を襲名。
舞台『煙が目にしみる』根本信吾役にて平成三年度文化庁芸術祭賞受賞。NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』九代将軍家重役にて第17回松尾芸能賞優秀賞受賞。名古屋演劇ペンクラブ賞など受賞歴多数。
2007年劇団前進座退団。現在はフリーとして活動。
近年の舞台では『最後の忠臣蔵』、『女は遊べ物語』、『男の花道』。映画では『釣りバカ日誌』シリーズ、『うさぎドロップ』他多数。TVでは主演2時間ドラマ『赤かぶ検事奮戦記』、『釣り刑事』、『鬼刑事米田耕作』、『信濃のコロンボ』、『ガンリキ』など。NHK連続テレビ小説『つばさ』、大河ドラマ『篤姫』、『平清盛』他多数。
プロベーシスト・作曲家としてライヴ活動、アーティストCDへの参加などの音楽活動。2008年には初のソロアルバム『Bright Fortune』をリリース。
多部未華子
多部 未華子(映像出演)Tabe Mikao
2002年のデビュー以降、多数の映像作品に出演。
05年公開の映画『HINOKIO』と『青空のゆくえ』で第48回ブルーリボン賞新人賞、第15回日本映画批評家大賞新人賞を受賞し、注目を集める。
09年にNHKテレビ小説『つばさ』でヒロインを演じた。
舞台では10年に『農業少女』(主演)で読売演劇大賞優秀女優賞、杉村春子賞を受賞。12年は『サロメ』(主演)、『ふくすけ』に出演した。
近年の出演作は、映画『君に届け』(10)、『源氏物語 千年の謎』(11)、『ライアーゲーム -再生-』(12)、ドラマ『デカワンコ』(NTV・11)、『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(ANB・11)、『浪花少年探偵団』(TBS・12)、『大奥~誕生【有功・家光篇』(TBS・12)、『ラストホープ』(CX・13)などがある。
今秋はドラマ『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(NTV・10月12日スタート)に出演。