タクフェス第3弾公演「くちづけ」

INTRODUCTION -作品紹介-

笑って、泣いて、歌って踊る!!
ありとあらゆる感情を揺さぶりまくるエンタメプロジェクト「タクフェス」。
そんな大それた野望を掲げつつ、実は楽しみたいだけのお祭りプロジェクト第3弾!
2010年初演、2013年に堤幸彦監督の手によって映画化されたあの作品が帰ってくる!

タクフェス第3弾『くちづけ』。
知的障がい者とその家族たちの日常は、波瀾万丈!
たくさんの課題がある現代社会だけど、泣いて笑って、生きていく。
これは、本当にあったお話をもとにした「優しくも切ない切ない物語」です。

STORY -あらすじ-

天使のように純真なハートをもつマコはなぜ・・・ 知的障がい者たちの自立支援のための
グループホーム『ひまわり荘』では、
カラダは大人、心は純真な子供のままの人たちが、
みんなで楽しく暮らしている。

そんなホームにかつて大ヒット作品を1度だけ世に送り出した、
漫画家の愛情いっぽんが娘のマコを連れて住み込みで働くことに・・・。

ひまわり荘の住人となった30歳のマコの心は純真な子供のまま。
そんなマコの心の扉をあけたのは、ひときわ明るく元気なうーやんだった。

惹かれあった2人は、マコの誕生日である
クリスマスの日に"結婚しよう"と指きりを交わす。
そして約束の日、うーやんはひまわり荘の仲間と一緒に
マコがやって来るのを待つが・・・​