タクフェス

あたたかい笑いと切ない涙で感動を誘う作品に定評のある、宅間孝行主宰「タクフェス」。2017年の春、「タクフェス」に新シリーズを立ち上げました。その名も「春のコメディ祭!」。第1弾は温泉宿を舞台に繰り広げるシチュエーションコメディ「わらいのまち」を上演!全国を爆笑の渦に巻き込みました!このシリーズでは「タクフェス作品」=「泣ける作品」というイメージと差別化を図り、笑いのエンターテインメントに振り切った作品をお届けします。
2003年東京セレソンデラックスで上演されたシチュエーションコメディ「HUNGRY」が
2012年「笑う巨塔」として再演。なんとこの作品を持って宅間孝行は東京セレソンデラックスを解散、12年の歴史に幕を降ろしました。セレソン最後の作品がまさかのコメディ作品!? と演劇界では大きな話題を呼んだ作品。今回、6年の時を経て満を持しての再演です!

東京はとある所にある「四王病院」。この病院に総選挙を間近に控えた山之内代議士が突然倒れ運び込まれた。山之内の息子であり、父親の秘書も務める蓮太郎たちは検査の結果をやきもきしながら待ちわびていた。

一方、とび職の親方、花田浩美は検査の為入院していた。そこに一人の男が見舞いにやって来る。 昔、浩美の元で修行をしていた富雄が数年振りに現れたのだ。しかしこの男、とんでもない迷惑者。 富雄との再会に喜ぶのは浩美の娘、ふみばかり。

また政界の古狸、浜惣こと浜村惣一朗は、元横綱・三子山親方を見舞いに来ていた。 総裁選を控えた大事な時期に仕事をほったらかすなど相手陣営に知れたらとやきもきする秘書をよそに、ばれる訳がないと意気揚々の浜惣であったが…。

患者、見舞い客、医者、看護師、水道屋…様々な想いや事情が交錯し、
平穏だった病院はとんでもない事態に…。
春のコメディシリーズ第二弾は、俺にとってシチュエーションコメディの最高傑作「笑う巨塔」。もう書けと言われてもこんなの書けません。断言出来ます。それくらいの自画自賛の最高傑作です。

そんな大切な大切な作品なのに、事もあろうにとんでもないメンバーが集まってしまいました。どうすればいいんでしょう。ドSキャラの俺は当然、まりこ様にしばかれるでしょうが、頼んでないのに梅ちゃんはシャンソン歌いながら鼻から何かを飛ばし、鳥居さんは狂気で目が血走り、女手一つで子供を育て上げたかず子さんはいつまで経ってもいい女で、享恭くんはライダーに変身出来ないってファンに返信し、最後には鶴さんがひよこになりながら飛びます!飛びます!ってなるかもしれません。

それ以外にも芸人からハーフからイケメンパラダイス佐藤祐基から、寅さんこと渥美清さんの元祖付き人石井の愃ちゃんまでいるんです。老若硬軟すべて網羅のメンバーで劇場がもう信じらんないくらいの大混乱になるでしょう。大切な大切な作品なのに。助けて下さい!助けに来て下さい!そんな俺たちを観てゲラゲラ笑ってる場合じゃないんですよ!腹をよじらせて腹筋崩壊してる場合じゃないんですよ!あなたに愛を届けたいのに!劇場で待ってます。
宅間孝行

TOP