言葉にできなかった想いの行方は… 最高に切ない夏の物語
ボディコン、DCブランド、校内暴力、そしておニャン子クラブ。
好景気に沸いた1980年代の長崎から物語は始まる。

舞台は長崎のとある町にある海の家兼民宿「あいかわ」。
そこに住むヤンキー兄弟、相川欣弥、元弥、雅弥の3人は
地元では「長崎のキングギドラ」の異名で恐れられていた。

そして、底抜けに明るくて底抜けにおバカな次男坊、
元弥こと「もっちゃん」に淡い恋心を寄せる隣に住む幼馴染の三上夕。
伝えたいけど伝えられない青春の片思い真っ只中!!
でも、そんな想いをしらない元弥は夕の親友である高橋薫に夢中、
そんでもって薫はというと元弥の親友の塩屋憲太郎に恋をしてたりなんだりするからもう大変!
恋と友情の板挟み。これぞ青春!これぞ初恋!!切ないとはこういう事だ!!!

そして青春時代の甘酸っぱい想いを抱えたまま大人になっていく夕たち。
それぞれの初恋はどんな結末を迎えるのか、伝えきれず言葉にできなかった想いの行方は……

誰にでも身に覚えのある淡い初恋の思い出。どこにでもあるような平凡なラブストーリー。
しかし!だからこそ泣ける!!その想いがわかるからこそ泣ける!!

宅間孝行が恥ずかしげもなく描いた切ない青春ど真ん中ラブストーリー。
あなたは劇場で今までに聞いた事のない量のすすり泣きを聞くことになる!?
2014年の夏。あなたを青春時代にお連れしましょう。

夕 -ゆう-

ものがたり

ページの先頭へ